カンボジアからの技能実習生受け入れについて

main-img

外国人技能実習生制度は1960年代後半頃、海外へ進出をしていた日本の企業が、現地の社員を日本へ招き技能や技術を習得させて、その後自国へ帰ってその技能や技術を発揮することができたという経過から、1981年研修という形で在日できるようになりました。
後に技能実習生制度が導入され、現在は発展途上国の青壮年を一定期間受け入れて、日本の技能や技術を習得させる仕組みができました。カンボジアはインドシナ半島に位置し人口1500万人。

カンボジアの外国人研修生をご紹介します。

仏教国で日本人に似た穏やかな国民性で知られています。

日本への憧れが強く、日本の製品に信頼を寄せています。性格が素直で争い事を好まないのが特徴です。


そんなカンボジアからの技能実習生の受け入れをすることができます。



カンボジアにとって日本は最も多くの援助を行っている国であり、人々は日本への憧れと信頼の念を抱いています。日本企業で学び、日本語を習得したり様々な技能や技術を身につけることは、現地の人々にとっては、大変うれしくありがたいことなのです。

日本では少子高齢化などの事情により、労働者の不足などが懸念されています。外国人技能実習生を受け入れることで、職場に活気が生まれ、国際感覚や事業の活性化が期待できます。

労働力としてもその成果は大きく、技能や技術などを活用して、生産性を向上し事業活動の発展を促進していくことができるでしょう。


日本にとってもカンボジアにとってもメリットが多い技能実習生制度は、両国の経済発展に貢献します。



教育の補足説明

subpage01

カンボジアと言えばアジアの国ですが、日本に研修生として受け入れるメリットがあるのをご存知でしょうか。もし外国から研修生を受け入れるか検討中なら、ぜひカンボジア人も候補に入れておきましょう。...

more

知っておきたい常識

subpage02

日本では人材不足がニュースになる程、高齢化社会へ向けて若い人材が不足する様になっています。そのため、日本人だけではない市場へ目を向ける企業も増え、海外から研修生という形で人材を確保するケースも少なくありません。...

more

いまどきの教育

subpage03

近年日本の少子高齢化の影響から生産労働人口が減少しておりこのことが企業や工場の人員不足に拍車をかけています。そのためどこの起業や工場も安定した人材を確保することが大きな課題となっています。...

more

教育の重要知識

subpage04

この日本では人材の不足がニュースでも取り上げられる程、企業によっては死活問題となっています。そんな現代において、日本からさらに目を広げて海外の外国人研修生を受け入れる企業も増えてきました。...

more