カンボジアからの外国人研修生を受け入れるメリット

subpage01

この日本では人材の不足がニュースでも取り上げられる程、企業によっては死活問題となっています。


そんな現代において、日本からさらに目を広げて海外の外国人研修生を受け入れる企業も増えてきました。

カンボジアの送り出しに関する予備知識が満載です。

日本で採用活動を行っても、なかなか希望とする人材が見つからず、かつ将来的な投資の視点で見ても難しい点が数多く存在します。しかし、外国研修生を受け入れる事で、海外へ自社の技術を広げる事にも繋がり、かつ社内に新たな風を吹かせてくれる可能性も秘めています。

外国人研修生の多くはカンボジアから来日する事が多く、実際に日本から現地へ行って面接をして人材を確保する事も可能です。



数名面接をした中から、希望とする人材を見つけると、後は日本での研修の手続きを行うのに数か月必要ですが、その後実際に自社でカンボジア人を受け入れる事が可能となります。
カンボジアからの外国人研修生の受け入れを斡旋している専門の業者も存在していますので、是非一度斡旋業者の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

最初は受け入れに関して迷いや不明な点も多いでしょう。そのため、専門の業者に協力をしてもらう事で、人材の選定から実際の受け入れ体制の整理等準備をしておく事はたくさんあります。



しかし一度受け入れをし、軌道に乗れば今度継続的に自社へ外国人の受け入れがよりスムーズに行えるでしょう。
今後も少子化が進むと予想されているこの日本以外の国へ目を向けてみると、今度の展望がさらに広がる事でしょう。