カンボジア研修生を受け入れて国際企業へ

subpage01

日本では人材不足がニュースになる程、高齢化社会へ向けて若い人材が不足する様になっています。
そのため、日本人だけではない市場へ目を向ける企業も増え、海外から研修生という形で人材を確保するケースも少なくありません。

そこで注目されているのが、カンボジアからの研修生を受け入れる制度であり、現地で日本の技術や簡単な日本語を学んだ人材を日本で受け入れる事が可能となっています。

外国人技能実習生が一般的になってきました。

研修生という形のため、同じ人は数年程しか受け入れは出来ませんが、その数年間は日本で働く事が可能となり、日本の技術を学べる期間として人気を集めています。
カンボジア人にとっても日本で最先端の技術を学べるという事で人気があり、若い人材が応募する制度でもあります。カンボジア人を日本で受け入れるもう一つのメリットとして、現在の企業の風土がより国際的となり、多様性を含んだ企業へと変化する事です。

常に日本人しかいない様な企業であれば、外国人を受け入れる事で多様性が生まれ、カンボジア人との交流が出来ます。今まで外国人に日本の技術を教える機会がなかった人でも、人材のトレーニングスキルが培われたり、中には語学を学ぶ社員も出てくるかもしれません。



この研修生の制度は、数年間で人材は入れ替わりますが、継続して研修生を受け入れる事が出来ますので、長期的な視点で人材確保が出来るとも言えます。



まずは数名程度の受け入れから始め、徐々に受け入れ態勢を整えると良いでしょう。