カンボジア外国人研修生を採用するメリット

subpage01

近年日本の少子高齢化の影響から生産労働人口が減少しておりこのことが企業や工場の人員不足に拍車をかけています。

そのためどこの起業や工場も安定した人材を確保することが大きな課題となっています。

そこで注目されているのがカンボジアからの外国人研修生の採用です。

外国人研修生とはおもに発展途上国の若者を対象に日本産業の技術や知識取得に向けて人材交流を行おうとする経済協力の一環です。

カンボジアの外国人研修生の情報収集がもっと楽になります。

とくにカンボジアでは日本製品の品質の良さと技術力の高さを背景に人気が高まっており日本に来日して積極的に技術を学ぼうと考えている若者が多くいます。



またカンボジアは国民の多くが仏教徒であるため目上の人を敬う精神が身に付いており日本人の気質にも合致しやすい風土があります。



そのような外国人研修生に対して現地では企業との間で橋渡し的役割を持つ受け入れ機関によって日本語教育や日本文化についての講習を行いカンボジアから来日してもスムーズに日本社会のなかで生活することができるようサポートしています。

一方受け入れる側の日本企業にとっても安定した労働力を確保することができるため生産性の向上や品質の維持を保つことができるといったメリットがあります。さらには勤勉な外国人研修生の存在によって日本人スタッフの意欲の向上や教育体制がより充実したりといった相乗効果も新たに生まれてくるのです。

そうしてゆくゆくは海外進出を目指したときにカンボジア外国人研修生を現地のリーダー候補生として引き続き採用することができるためますます多くのメリットが生まれることになります。